心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

不良姿勢のチェックポイント

身体を横から見た矢状面で不良姿勢を確認する場合がありますが、
骨盤が後傾していて股関節の靭帯にもたれかかった姿勢になっている場合があります。
靭帯は、一度伸びてしまったりすると元には戻らないため、
注意が必要ですね。
では、寄りかかり姿勢か確認する簡単な方法をご紹介します。
まず、立った姿勢から足首を見るように下を見ます。
その時に、腰を動かさず足首が見れたら寄りかかり姿勢ではありません。
万が一、足首が見えなければ、見えるところまで腰を後ろに引いて下さい。
そしてその足や腰のポジションを変えずに上半身を起こして前を向きましょう。
寄りかかり姿勢の方は、上半身を起こそうとしても真っすぐにはできないはずです。
    
この姿勢の方は、胸椎の後湾がひどくなりやすく背中が丸く猫背姿勢になりがち。
真っすぐに立つ抗重力筋である腿の前の筋肉や大殿筋の筋力が低下している状態です。
姿勢は、日頃の癖のある動きからなので今の自分の姿勢をチェックして
姿勢改善に役立てて下さいね。