心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

筋肉痛が起こる訳

激しい運動などを行うと
翌日あたりから使った筋肉が痛み出す筋肉痛。
これは「遅発性筋痛」と言われ
動かしたことによる刺激から筋肉が損傷を受け、炎症反応で痛むのです。
       
遅れて痛みが来る理由は、
損傷した組織を一度すべて壊してから
根本的に再生させるため
炎症反応には、ある程度時間がかかってくるようです。
         
筋繊維などの修復には48〜72時間かかります。
筋繊維が修復される過程を「超回復」と言いますが、十分な休養と栄養をとることで
筋繊維は破壊される前よりも強く、太い状態に戻るのです。
       
ですので筋肉痛が起こることは、悪いことではありません。
          
でも、歳をとると翌日ではなく、
翌々日に筋肉痛が出てくるなど
遅く出てくることもありますね。
         
原因は明確ではありませんが、加齢により炎症反応が鈍くなり、
炎症の進行具合が遅くなったためと考えられているそうです。
        
加齢に伴い、若い時と違うことが
多くなりますが、
体の機能低下、筋力低下など老化にならない
生活習慣が大切ですね!
<<     ブログ一覧ページへ