心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

褐色脂肪細胞を活性させましょう!

脂肪細胞には、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」があります。
白色細胞は、一般的に体脂肪と言われているもので、中性脂肪や糖などのエネルギーを蓄えるます。
エネルギーが過剰になると白色脂肪細胞の大きさが大きくなるだけでなく、
数も増えてくるのです。
         
褐色脂肪細胞は、その逆で脂肪分を分解して燃焼させますので、たとえば
寒いときに温めようと熱エネルギーをつくり出したりします。
代謝が良い人は太りずらいのは、ここが活性しているからですね。
この働きのため、褐色脂肪細胞は、ダイエットの「カギ」になりうるものと
注目を集めています。
          
でも褐色脂肪細胞は、年齢とともに減少していきます。
40代からは幼児期の30%ほどになってしまうのです。
そのため、意識して活性させていく必要がありますね。
            
褐色脂肪細胞は、決まった場所にあります。
  1. 首周辺
  2. 肩・肩甲骨周り
  3. 脊髄周辺
  4. 脇の下
そして寒冷刺激で活性、気温が引い時期に活性とされています。
冷たい刺激や寒い時期に活性されることで脂肪が燃焼されるということでね。
         
一番お手軽は、
シャワーを使って冷水と温水を交互に30秒ぐらいづつ浴びるのを5~6回行うことです。
冷水も20度ぐらいから始めると良いです。
          
また、食事の時によく「噛む」こと。
咀嚼の刺激が脳に伝わり、交感神経を刺激して褐色脂肪細胞が目覚めます。
          
肩甲骨を動かす運動なども効果的なようです。
        
できることは何でも取り組んでみましょう!