心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

陰陽五行説とは

中医学の基本的な考え方に「陰陽五行説」があります。
これは自然界の全ての物を「太陽と月」や「昼と夜」などのように
「陰」と「陽」の相反する2つの要素でとらえる考え方の「陰陽説」と
自然界のさまざまな変化や関係を「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素に
分類していく考え方の「五行説」から成り立っています。
五行説はお互いの性質を助け合ったり、打ち消し合ったりすることで、
あらゆるバランスを保っているという考え方です。
この五行説を身体に応用したのが「五臓」の考え方です。
  • 木 = 「肝」
  • 火 = 「心」
  • 土 = 「脾」
  • 金 = 「肺」
  • 水 = 「腎」
    五行説と同じようにそれぞれの臓は、助け合い、ときには制御しあいながら
    生態を維持しているという考え方ですね。
    五臓の「肝」や「心」など臓器を表す表記になっていますが、西洋医学とは違い
    内臓そのものの働きを表していますが、それ以外の働きを含めた幅広い考え方として
    とらえるようです。
    この考え方スゴイですね。