心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

ストレッチの使い分け

ストレッチには「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」があります。
動的ストレッチは、動きを伴うストレッチのことです。
関節を動かすことで筋肉を伸ばして、関節可動域を広げる事が目的です。
ラジオ体操はこれにあたると思います。
運動前のウォーミングアップに使われることが多いですね。
   
静的ストレッチは、反動をつけずに、同じ姿勢で止まったまま行うストレッチのことです。
可動域いっぱいまで身体を伸ばし、数秒間姿勢保持します。これで筋肉の血流量が増え、
老廃物の排出をスムーズに行うことができるのです。
運動後のクールダウンに使われることが多いです。
   
運動前に静的ストレッチを使わない理由は、
運動前に行うとパフォーマンスが下がるという研究結果がでていますが、
冷えた身体で無理やり筋肉を伸ばそうとすると、身体は守ろうという働きが起きるため
筋肉はかえって縮んでしまうのです。
   
ストレッチは、行うタイミングで変わります。
静的ストレッチを行う場合は、運動後のクールダウンか
身体が温まるぐらい5~10分程度、ウォーキングやジョギングをしてから行うと良いですね。
   
私は、朝起きてからはラジオ体操。
お風呂から出て、身体が温まっているときに静的ストレッチですね。
筋肉を動かす事で関節の負担を減らし、筋肉の緊張状態が緩和します。
ケガ予防にも疲労回復にもつながりますので活用するとよいですよ。