心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

かかとの痛み

歩き始めの時、かかとが痛む。
かかとの前方から足裏にかけて痛む「足底筋膜炎」。
これは体重の増加や足の使いすぎで足裏のアーチを支える筋肉が過緊張を起こしています。
かかとの外側が痛む時は、「踵骨棘」と言って、かかとの骨にとげ状のものがでて
神経や骨自体を圧迫しています。
歩いているうちに筋肉の伸縮能力が対応できるようになるので痛みは軽減してきますが、
歩き始めなど痛む場合は、足裏を柔らかくしましょう。
   
まずは、ゴルフボールで足裏をゴロゴロしたり、甲を動かしたりします。
そしてつま先を折って座ってみましょう。
人差し指とかかとの中央が一直線になるようにかかとに座骨を下ろしてください。
ハイヒールを履く方は、痛くなくても行っておくと良いですよ!