心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

RICE処置の新常識

ケガをしたとき、「冷やす」が常識だった応急処置。
Rest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとって
RICE処置と名づけられました。
1978年アメリカのMirkin医師によって提唱され、応急処置の一般的な方法として
広く認識されています。
しかし、最近Mirkin医師本人が過去のご自身の提唱を否定する発言をしたというのです。
アイシングをすると回復が遅れる・・・
そういったエビデンスもあり、そう発言されたそうでアメリカでの主流が変わりつつあります。
でも、日本は・・・この意見が検証されるには時間がかかるので、知っておくことが大切だと思います。
日本でもアイシングをした方が筋細胞の再生が遅れているという研究結果も出てはいますが、
痛みの軽減(麻酔効果)がアイシングで得られる事や、軽度の筋損傷においてアイシングが有効と
言う結果も出ています。
アイシングは、状況に応じて使い分けることが賢い方法なのかもしれませんね。