心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

長続きさせるコツ

ダイエットしても続かない…甘いもの食べないと決めたのにダメだった…

試しに「アイスを思い浮かべないでおせんべいを思い浮かべて下さい。」と言われたら

アイスの方が強く頭にチラつきませんか?

人間の脳は、制限のある方に不思議な反応が起こるのです。

「しばらくアイス禁止」と言われると妙に食べたくなるものですよね。

私も2週間、食事制限のあるダイエットをやったことがありました。

そして、やはり2週間終わったあと、禁止食品を反動でドカ食いした記憶もあります。(笑)

脳は基本楽しいと思える事、ポジティブに捉えられる事に惹かれるのですね。

また、そこに心理バリアが存在します。

「何をやってもうまくいかなくて途中でダメになる。」

過去の経験から苦手意識が心理バリアとして存在し、脳の働きから行動もそう動いてしまいます。

心理バリアを取り除くために

「行動の直後に嫌なことが消失すると、その行動は将来繰り返される」という法則がありますが、

肩が凝っている → 体操をする → 肩の痛みが消える

これらのことから言える事は、

ネガティブな思いをポジティブへの変換。

禁止や制限ではなく、自分で出来る事を続けていくという単純なことからスタートをするということです。

例えば、ダイエットをするときに「甘いものを絶対に食べない」ではなく

続けられる自分のハードルを自分で決めると良いと思います。

「1日1個を2~3日に1個」に変えてみて下さい。

そんなことで?って不思議に思うでしょうが、実際、その行動から

体重が減ったり、なんとなくスッキリしてきた感覚があると

少しの変化のうれしさから次に決めるハードルは、「1週間に1個」になり、

気が付いたら、時々食べても満足感になるはずです。

80kgあった私が57kgに半年でなった経験からも言えます。

一生その行動を続けていくことが健康への近道なのですから、最初はハードルの低いところから

始めてみて下さいね。