心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

骨盤の歪み

下半身太りやお腹ポッコリ・・
気になりますね。

でも、これってダイエットして改善できるものではないのです。

歪んでしまう原因の一つは、日頃の姿勢です。
足を組んで座ったり、片足にもたれて立っていたり、
また、股関節のもたれて立っていたり(お腹を出すような立ち方)・・・

日頃の動きの癖などが身体の歪みにつながっています。

骨盤の歪みをセルフチェックしてみましょう。

●壁にかかと、お尻、背中、頭をつけて立ちます。
 腰と壁の間に手を入れてみましょう。

正常  手のひらがきついけど入る
前傾  手のひらを入れてもまだ余裕がある
後傾  手のひらが入らない

●鏡の前で腰幅に立ち、骨盤の高さを図って下さい。 
 脇に手を置き上から手を下ろしてあたった骨が骨盤。その高さが左右同じか鏡に映った
 手の位置を確認してみましょう。

骨盤は前傾になると(反り腰)
腿が外側に張り、お尻も大きくなってきます。
また、お腹もポッコリに・・・

骨盤が後傾になると
背中が丸く猫背気味になってきます。

骨盤の高さが違うと、片方の膝の負担が大きくなり膝痛の原因になります。

動きづらくなって硬くなった腰回りの筋肉や股関節の筋肉を動かして柔らかくしてから
使えていない筋肉をトレーニングすることが大切ですが
まずは、歪まないように普段の姿勢から正しい姿勢を心掛けましょう。