心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

骨を強くしていつまでも笑顔で過ごしたい!

骨は、力がかかると強くなるように常に作り替えられているんですよ。

だから寝てる時間が長く、身体に負荷がかからない生活は、骨が弱くなってしまいます。

運動すると骨を作り替える成長ホルモンも多く放出されるので、

運動すること、動くことがとても大切ですね。

また、カルシウムが足りなくても骨はもろくなります。

カルシウムが多い食品は、

小松菜、切り干し大根、ひじき、桜エビ、ししゃも、チーズ、木綿豆腐、納豆、厚揚げなどがありますが、

上手な摂り方は、小腸で吸収率をアップさせるために

ビタミンDの多い食品と一緒に摂ることです。

鮭、サンマ、ブリ、まあじ、しらす干し、シイタケ、卵、鶏もも肉などです。

ただし、ビタミンDがカルシウムの吸収率を高める働きをするためには、

肝臓を経て腎臓で活性型に変化する必要があります。

そのため健康な胃と肝臓、腎臓の臓器も元気でなければなりません。

また、いつも悪役の紫外線ですが、

皮膚に紫外線が当たるとビタミンDが体内で作られます。

夏であれば約30分程度浴びると良いと言われています。

寝たきりの場合は、窓際にベットを動かして日光に当てる工夫をすると良いとか・・・

食生活や行動を少しでも変えて元気に過ごしたいですね。