心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

メタボリックシンドロームの診断基準

脳卒中や心臓病を引き起こす原因の動脈硬化と深く関係しているのが
メタボリックシンドロームです。
まずは、腹囲を測定して内臓脂肪の蓄積の度合いを調べます。
男性は、腹囲85cm以上、女性は、腹囲90cm以上で要再検査・要生活習慣改善になります。
そして血液検査のデータが
  • 中性脂肪 150mg/dL以上 または HDLコレステロール 40mg/dL未満
  • 収縮期血圧 130mmHg以上 または 拡張期血圧 85mmHg以上
  • 空腹時血糖値 110mg/dL以上
    これのうち2つ以上が当てはまれば、メタボリックシンドロームと診断されます。
    内臓脂肪はたまりやすい反面、減らしやすい脂肪です。
    改善するには、
  • 脂肪分を控える
  • 間食や夜食は取らない
  • 野菜たっぷり食べる
  • 飲酒は控えめに
  • 軽いウォーキング
    無理なダイエットやきつい運動ではなく、
    ウォーキングなどの軽い運動でも減らせますので、適切な食習慣と運動習慣で改善しましょう。