心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

内臓脂肪と皮下脂肪

この二つの脂肪の違い、知っていますか?
内臓脂肪は、内臓の周り、特にお腹周り(腸の周り)につく脂肪です。
内臓の位置を保つことや内臓同士のクッションになる役目があります。
皮下脂肪は、筋肉と皮膚の間につく脂肪です。
身体の保温や筋肉を保護する役目のある脂肪です。
どちらも身体にとって重要なのですが、つきすぎると悪影響になるのです。
よく体型で例えられる事がありますが、
        
「洋ナシ」型は、太ももやお尻に脂肪がつきやすい皮下脂肪型肥満の例えです。
また、「りんご」型は、お腹に脂肪がつきやすい内臓脂肪型肥満の例えです。
       
つまんで柔らかいのは皮下脂肪、パンと張っていてつかめないのは内臓脂肪です。
男性は、内臓脂肪がつきやすいと言われています。仰向けで寝た時に
お腹が前にせりあがったままの場合は、内臓脂肪ですね。
皮膚が横に落ちてぺったんこになった場合は、皮下脂肪ですね。女性は皮下脂肪が多いと言われています。
        
でも落としやすいのは、内臓脂肪です。
内臓脂肪は臓器の周りに走る静脈によって肝臓へ運ばれやすく、すぐにエネルギーに変化されますので
蓄積も早いですが、改善もしやすいのです。
       
どちらも減らし方は、食生活の改善ですね。
また、有酸素運動も必要になります。
内臓脂肪は、持続的に身体を動かす事が必要ですので、
駅まで歩く、階段を普段使うなど普段から身体を動かす事を心掛けましょう。
皮下脂肪は筋肉の衰えによって蓄積されますので、
筋トレをして筋肉を鍛えて、脂肪燃焼することがお勧めです。
自分の脂肪はどっちかわかると対処しやすくなりますね。