心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

九州大学の研究結果がすごい!

緑茶とコーヒーを飲むことは、2型糖尿病の死亡リスクを減らすと
九州大学病態機能内科学・糖尿病研究室の報告があります。
2型糖尿病患者を対象とした追跡調査をした結果、がんや心疾患の死因が
緑茶を飲む人とコーヒーを飲む人は死亡リスクが低下するそうなのです。
例えば、
  • 毎日1杯の緑茶を飲む  ・・・死亡リスクが15%下がる。
  • 1日2~3杯の緑茶を飲む ・・・死亡リスクが27%下がる。
  • 1日4杯以上の緑茶を飲む ・・・死亡リスクが40%下がる。
    また、
  • 毎日1杯のコーヒーを飲む・・・死亡リスクが12%下がる。
  • 1日2杯以上のコーヒーを飲む・・・死亡リスクが41%下がる。
    また、
  • 1日2~3杯の緑茶+コーヒーを2杯以上飲む・・・死亡リスクが51%下がる。
  • 1日緑茶4杯以上+コーヒー1杯以上飲む。・・・死亡リスクが58%下がる。
  • 1日4杯以上の緑茶+2杯以上のコーヒーを飲む・・・死亡リスクが63%下がる。
    緑茶などが含有するポリフェノールの抗酸化作用や抗炎症作用が体にいいとされているのは、
    わかっていましたが、これはとてもすごい結果ですね!!