心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

身体の調子を整える「ため息」

ため息と聞くと「幸せが逃る」と言われたり、
周りにいる人たちに不快感を与えてしまったりと、
あまり良いことではないと言われていますね。
でも、ため息のつき方で、変わってきます。
もともとため息がでるときは、身体からのSOS。
緊張時に働く交感神経が優位になり過ぎていて、頑張り過ぎているサインです。
その状態を抑えるために、ため息でリラックスをもたらす副交感神経を働かせようとしているのです。
男性は30代、女性は40代から副交感神経の働きが低下します。
交感神経と副交感神経の乱れは、自律神経の乱れですので、身体の様々な不調の原因になっています。
自律神経は、自分ではコントロールできないのですが、唯一呼吸でコントロールできますので、
1日のうちでため息や深呼吸をして身体をリラックスさせましょう。
呼吸は吐き切ることがポイントです。
副交感神経が優位で落ち着いた状態だと、血流や消化器の働きもよくなりますよ。
自己治癒力の一つとして備わっている「ため息」。
身体のサインを見逃さず、上手に対処していきましょう。