心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

脳の休め方

休んだはずなのに、なんとなく頭がスッキリしないってこと、ありませんか?
実は、人の脳は仕事や勉強などで頭を使っているときよりも、「ボーっとしているとき」のほうが、
よりエネルギーを使って活発に動いているそうです。
このボーっとして何も考えていない時に活性化する脳の回路をDMN(デフォルトモードネットワーク)と言います。
意識的な活動をしていない状態で働き続ける脳回路のことです。
脳は、完全に休んでしまうと、突然の危機に反応しづらいため、
脳の一部(DMN)を待機状態にして万が一に備えているそうなんです。
         
新しいアイデアやひらめきなどを生み出すのはこのDMNが働くからとか・・・
         
でも、DMNは脳の総エネルギーの60~80%を占め、働かせすぎると、脳のエネルギーが底を尽き、
脳疲労となり、何もしていないのに脳は疲れている状態になるのです。
       
ただ単にボーっとしていただけでは、
残念ながらDMNは活性化せず、疲労するばかりなので
意識的に働かせることが大切なようです。
       
それに活用できるのが「マインドフルネス」です。
瞑想(めいそう)を利用し、何かに注意を向けていくことです。
そうすることで脳を休める事ができ、心も整えると言われています。
世界のエリートと言われる経営者は、取り入れているそうです。
        
眼を瞑り、呼吸に意識を向け、心を落ち着けましょう。
そして、頭に思い付いたままのことをそのまま感じたりして受け入れ、流す事です。
私は、「お昼何食べようかな~何がおいしいかな~・・・」ですかね(笑)