心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

爪もみが自律神経に働きかける~足指編

足指と手指の爪の際に井穴(せいけつ)と言う場所があります。
ここはツボ(経穴)でエネルギーの出入り口です。
特にこの場所は、自律神経の乱れや精神的な疲労の回復にも効果があると言われています。
     
身体には、経絡(けいらく)と言って気血(エネルギー)が流れる道が12本あります。
そのうち足には6本の経絡(けいらく)が流れているのです。
その経絡上の要所にあるのがツボ(経穴)です。
身体にはたくさんのツボ(経穴)が点在していますが、特にこの爪際の井穴(せいけつ)は
簡単にできる健康法ですので、ぜひ、試してみて下さい。
     
【触り方】
爪の両端、生え際から2mmほど下の部分を手指で挟んで圧し揉みします。
     
隠白(いんぱく)・・・(脾経)頭痛、肩こり、生理痛、慢性便秘、糖尿病、痩せすぎ、太りすぎ
大敦(だいとん)・・・(肝経)二日酔い、めまい、目の疲れ、腹痛、不快感、鎮静作用
厲兌(れいだ)・・・(胃経)口臭、胃痛、肌荒れ、吐き気、食欲不振、下痢、便秘
足竅陰(あしきょういん)・・・(胆経)イライラ、ストレス、頭痛、歯痛、
内至陰(ないしいん)・・・(腎経)耳鳴り、頭痛、精力減退、冷え性、腰痛
※写真にありませんが、小指の至陰の逆にあります。
至陰(しいん)・・・(膀胱系)頭痛、肩こり、尿道炎、夜尿症、婦人科系