心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

骨盤と肋骨の隙間を測ってみよう!

身体には、ニュートラルポジションがあります。
肋骨の一番下の骨と骨盤の上の間に手を置いてみて下さい。脇腹です。
この隙間は、指3~4本入るのがニュートラルポジションです。
腰の筋肉に肋骨と骨盤をつなげている腰方形筋というのがありますが、
その筋肉が硬くなるとこの隙間が狭くなります。
立ち仕事や座り仕事などで上半身を動かさないことでこの筋肉が硬くなり
腰が痛くなってくる場合が多いため、動かしていきましょう。
私がお勧めなのは、おトイレです。
1日6~7回程度、お世話になっていると思いますので、骨盤が便座に座って固定されている状態から
上半身をひねって動かすと、ちょうど硬くなっている筋肉が動きます。
日常の生活にうまくエクササイズを入れ込むと無理なくできますね。
また、同じ姿勢は30分から40分で1度、動かすことを意識しましょう!