心と身体の健康案内人 Heart Smile~ハートスマイル|千葉県千葉市、市原市

副交感神経をよもぎ蒸しで刺激する方法

血行不良による身体の不調は、免疫低下からむくみなど様々。
「冷えは万病のもと」と言われ、身体を温めることの大切さは、皆さんもご存じだと思います。
当サロンも温活をお勧めしており、「よもぎ蒸し」をご提供しております。
専用のガウンを着て、椅子に座りますが、穴の開いたところからは、
下で煮立たせているよもぎの湯気が出てきます。
全身から汗が出るほど温まるのですが、血流をさらに良くして自律神経を整えるには
背骨がお勧めです。
    
自律神経は首からお尻の背骨(頸椎7、胸椎12、腰椎5、仙骨)によって外部の刺激から守られています。
その中でも
頸椎1~5、仙骨は、副交感神経
頸椎6~腰椎5までは、交感神経に大きく関与しているため、
特に首と仙骨部分を温めるとリラックスしやすいのです。
椅子の穴の手前に座って背骨に湯気が当たるように時々座ると、
交感神経と副交感神経のバランスが整いやすくなります。
身体の外から自律神経を整えられるのは、唯一「よもぎ蒸し」かもしれないですね。