心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

膝に大切な内側広筋

内側広筋は、腿の前の大腿四頭筋の1つです。
腿の内側に位置し、膝関節の安定に関わる筋肉です。
鍛える事で、太ももの引き締め効果や膝のケガ予防につながります。
膝の手術をした方は、このエクササイズは毎日200回やると良いとか・・・
エクササイズのやり方は、
  • 膝の下にタオルを丸めて入れます。
  • 内側広筋を触りながら膝でタオルをつぶす動きします。
    ポイントは、内側広筋を触りながらです。外側にある外側広筋の方に刺激が入りやすいので
    必ず触ることで内側広筋に刺激しながら動きを促します。
    もう一つは、つま先に力を入れないです。ふくらはぎの筋肉は使わずに内側広筋のみを動かします。
    内転筋と一緒に鍛えると太腿の引き締め効果がありますよ。また、O脚予防にもなりますので
    美脚になるためにもバッチリ!
    <<     ブログ一覧ページへ