心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

スマホ老眼に注意!

目には、ピントを自動に調節する機能があります。

近くを見たり、遠くを見たりするとき、2枚あるレンズ(水晶体)の2枚目の厚みを

瞬時に変えて焦点を合わせます。

その水晶体を支えているのが毛様体という筋肉で、収縮や弛緩をすることでピントを合わせています。

でも、目を酷使しすぎるとその調節機能は、疲労して適切に行えなくなり、

また、水晶体自体の厚みの調節もうまくできなくなります。

スマホの画面を長時間見続けることで起こる「スマホ老眼」。

医学的には、「調整緊張症」と言います。

このスマホ老眼は、目を休める事で回復しますが、

酷使し続けると眼精疲労、頭痛、肩こり、吐き気、睡眠障害・・・など弊害がたくさんでてきます。

そうならないためにも適度に目を休める事が大切です。

理想は、スマホ画面から目を40センチ以上離す事が推奨されています。

そして、目の負担を減らすため10分以上見続けないと良いとか・・・

また、目のストレッチをご紹介します。

遠近トレーニングで特に毛様体のストレッチです。

毛様体は、近くを見るとき収縮し、遠くを見るとき弛緩します。

1.片手を前に伸ばし、親指を立て、1秒見る。

2.親指の延長上、3mぐらい先の目標物を1秒見る。

3.親指と3m先の目標物を交互に1秒ずつしっかり見るを繰り返す。

ぜひ、これを生活の中に取り入れて実践して下さいね!