心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

疲れにくい歩き方

前回は、腰への負担が少ない「正しい座り方」をご紹介しました。

今回は、整形外科医の中村格子博士も提唱している「正しい歩き方」。

ウォーキングは全身運動ですが、歩き方によっては、腿裏の筋肉を使わない場合も出てきます。

正しい歩き方は、腿裏を後ろの人に見せるように歩きます。

しっかり前の足に重心を乗せてから後ろの足を前に出しましょう。

目安として足の振り幅は、真ん中の身体の軸から前後とも同じ距離になるように心がけると良いです。

また、骨盤の高さは水平に保ち、身体の軸は中心をキープしながら歩きます。

例えば、後ろから王子様が腰を持ち上げてくれてるイメージです。

足は、かかとから着地し、足の中央から親指へと重心を移動させます。

腕を自然に振ると肩が自然に左右に周ります。

そして首を伸ばし、遠くをみて歩いてみて下さい。

颯爽と歩く姿はかっこよいですね!