心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

硬水と軟水の違いってどんな?

カルシウムとマグネシウムの水1リットル当たりの含有量で

軟水は硬度120㎎未満

硬水は硬度120㎎以上で日本は軟水がほとんどです。

メリットとデメリットをまとめてみると

軟水のメリットは、

身体への吸収が良い。胃腸に負担がかからない。老廃物の排出。美肌効果。料理に使うと風味が増す。

硬水のメリットは、

代謝が促進される。脂肪の吸収を抑制する。便秘が改善される。

硬水の方がダイエットに効果的と言われるのは、わかりますね。

では、デメリットはと言うと

硬水は、胃腸に負担がかかる。マグネシウムの作用で下痢になりやすい。独特の風味があるので料理に適さない。

軟水は、・・・特になしです。

硬水は、胃腸を刺激して活発にしますので便が柔らかくなります。

飲みなれてないと体調不調になりやすいとのこと。

料理的な話になると

やはり日本食には、軟水が適しているようです。昆布やかつお節などの出汁は、軟水だから出るのだそうですよ。

軟水でお米を炊くとご飯は、ふっくらしますが、チャーハンやパエリア、ピラフなどパラっと仕上がるには、硬水。

パスタは硬水で茹でると麺にコシが生まれるとか・・・

お茶は、軟水でうま味を引き出し、香りを楽しむ紅茶、中国茶には硬水がお勧めだそうです。

コーヒーはと言うと

硬水は、苦みが引き立ち、軟水は、マイルドで酸味が出やすいとか・・・

ちょっと味比べしてみたくなりますね。