心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

お風呂温度の使い分け

お風呂の温熱効果は40℃を境に変わると言われています。

38℃前後はリラックスするには最適。

41℃は肩こり緩和に最適。

42℃以上は疲労回復に最適。

40℃より温度が高いお湯は、交感神経が優位になりますので、すぐ布団に入って

眠りたい時は、副交感神経優位になる38℃前後が良いようですよ。

湯舟につかる目安は、約20分程度。身体の芯から温めることができます。

また、お肌の保湿成分セラミドの機能を崩さずに守るためにも20分という時間帯がベストです。

夏は、シャワーで済ませ気味ですが、

老廃物の排出や、身体を温めること、ストレス発散効果などメリットはたくさんありますので

365日湯舟生活お勧めです!

    

カロリー消費としても

42℃のお風呂に入ると歩行している消費カロリーと同じカロリーが消費されます。

(入浴)体重1㎏ 1分 0.06カロリー  ⇒  60㎏・・・10分入浴 36カロリー消費

(歩行) 0.057カロリー         ⇒            34.2カロリー消費  

                                 (日本体育協会スポーツ科学委員会)

浴槽のフチに首を乗せて首に頭の重みがかからないようにして

首の緊張を解放するのもお勧めですよ~~!