心と身体の健康案内人 Heart Smile(ハートスマイル)|千葉県千葉市、市原市

太陽の光と睡眠

睡眠は

浅い眠りで夢を見るレム睡眠と

深い眠りノンレム睡眠が約90分のサイクルで3~5回繰り返しています。

レム睡眠は、筋肉が緩み脳を育てています。

ノンレム睡眠は、脳も身体の休んでいる状態で脳を修復しています。

どちらも必要ですが、このコロナの不安なから眠れない方が多くなっていますね。

身体の神経が通っている背骨周りの筋肉の緊張を取ってあげるのも1つの方法ですが、

眠りを促す作用のホルモン「メラトニン」の分泌を促す事もお勧めです。

●就寝前は、早めにお風呂を済ませたり、食事を2時間前に終わらせる。

●強い光を浴びないよう眠りに向けて徐々に脳を休める環境づくり

●規則正しい生活や軽い運動

これは、良く言われていることですね。

もう一つ、朝、太陽に光を浴びることです。

メラトニンは、太陽の光を浴びると分泌が止まります。でもその14時間から16時間後に

また出始めます。

実は、その分泌をしっかり促すために太陽の光を十分に朝浴びることなんです。

    

また、朝トリプトファンを多く含んだ食材を食べましょう!

豆腐や、納豆、チーズやヨーグルトなどです。

そのトリプトファンが軽い運動や太陽の光で脳内物質のセロトニンに変わります。

そしてセロトニンは、夜になると睡眠ホルモン、メラトニンに変わるのです。

外出制限や自粛などありますが、太陽の光を浴びること…大事ですよね!